ケイワークショップ

“かんたんやること管理”を使ってみよう (チュートリアル)


<操作方法>

  1. カテゴリの入力編集(新規登録・修正・削除)
  2. やることデータの入力編集(新規登録・修正・完了チェック・削除)
  3. 各種レポートの表示・印刷(「本日のやることリスト」等)
  4. データベースのバックアップ



1.カテゴリの入力編集
  (新規登録・修正・削除)

カテゴリは、やることを部門やジャンル・テーマ等で分類して管理するための項目です。
(分類して管理する必要がなければ入力不要です)

■■カテゴリの新規登録手順■■

(画像クリックで拡大) (画像クリックで拡大)

(1) データ新規登録等各種処理メニュー 【 カテゴリ登録・編集 】ボタンをクリックする。
     ↓
(2) データシートに分類名称を入力する。
     ↓
(3) データ入力が終わったら【 保存して閉じる 】ボタンをクリックする。

カテゴリの新規登録手順は以上です。修正や削除等の編集も同画面で行います。


■データ入力操作の補足説明

  1. 新規データの入力は、常にデータシート最下の空白行に入力してください。
     (シート画面下部の移動ボタンで最下行にカーソル移動できます)
     
  2. データ削除は下記(a)(b)のどちらかを行ってください。
    (a) レコードセレクタ(データの一番左側)をクリックしてデータを選択状態にしてからDeleteキーを押す。
    (b) 右クリックして「レコードの削除」を選択する。



2.やることデータの入力編集
  (新規登録・修正・完了処理・削除)

やることデータの入力編集手順を以下に記載します。

■■やることデータの新規登録手順■■

(画像クリックで拡大) (画像クリックで拡大)

(1) データ新規登録等各種処理メニュー 【 やることリスト 新規登録 】ボタンをクリックする。
     ↓
(2) 各入力項目にデータを入力する。

  <やることデータ入力例>

入力項目 入力例 説明
やる日 2013/04/01 やる日(実施日または期限)を入力。
 省略可。
やること 銀行振込(A社部品代金) やること(仕事・作業の内容)を入力。
 文字数255文字以内。 入力必須。
カテゴリ 経理業務 やることに該当するカテゴリを指定。 ドロップダウンリストで選択可。
 文字数50文字以内。 入力必須 (指定なしの場合は“−”を指定)
備考 --- 何か特記しておくことがあればこの項目に記入。
 文字数255文字以内。 省略可。

     ↓
(3) データ入力が終わったら【 登録して終了 】ボタンをクリックする。



■■やることデータの修正・完了処理・削除手順■■

(画像クリックで拡大)
 
(画像クリックで拡大) (画像クリックで拡大)   (画像クリックで拡大)

やることデータの修正・完了処理・削除は、やることリスト画面から行います。
 
 ・リスト画面に表示されている項目は全て修正可能です。
 ・やることが完了したら、【完了チェック】をクリックしてチェックを付けてください。
 ・削除したい場合は、削除したい顧客のレコードセレクタをクリックしてDeleteキーを押してください。
  (顧客を複数選択して削除したい場合は、Shiftキーを押しながらレコードセレクタをクリックしてDeleteキーを押す)
 ・リスト画面上の【複製】ボタンは、類似のやることデータを新規登録したい場合にご利用ください。
 
 ・画面左の絞込検索メニューから、完了処理状態・日付・カテゴリでの絞込検索が行えます。
 ・日付指定・カテゴリ指定の検索画面からでも、やることデータの入力編集作業は一通り行えます。
 
 ・【やること】 内容欄左部の色表示は、以下の内容を意味します。
    黄色塗り潰し ・・・ 本日やることで、まだ未完のもの
    赤色塗り潰し ・・・ 昨日以前にやることで、まだ未完のもの
    赤文字(済) ・・・ 完了したもの
    空白 ・・・ 明日以降にやることで未完のもの

 

やることデータの入力編集手順は以上です。



3.各種レポートの表示・印刷
  (「本日のやることリスト」等)

「本日のやることリスト」等各種レポートの表示手順を以下に記載します。

■■各種レポートの表示手順■■

(画像クリックで拡大) (画像クリックで拡大)
(画像クリックで拡大)   (画像クリックで拡大)   (画像クリックで拡大)

(1) データ新規登録等各種処理メニュー 【 レポート印刷 】ボタンをクリックする。
     ↓
(2) 印刷したいレポート名のボタンをクリックする。
     ↓
(3) 印刷ボタンをクリックして印刷する。

レポートの表示・印刷手順は以上です。



4.データベースのバックアップ

「操作を誤ってデータを削除してしまった」「急にデータベースが破損して開かなくなった」等の
不意のデータ損失を防ぐため、データベースは定期的にバックアップするようお願い致します。

■■データベースのバックアップ手順■■

(1) データベースを起動している場合は、一旦終了させる。
     ↓
(2) データベースファイル「 kws_db08_free.mde 」を適当なフォルダにコピーする。

データベースのバックアップ手順は以上です。



5.より便利な機能を追加する

“かんたんやること管理”でできる事は上述の内容程度ですが、カスタマイズによって様々な機能が追加できます。
詳しくは 次ページの「 より便利に 」 をご覧ください。



<< 前ページへ戻る    次ページへ進む >>



Copyright © 2013 KWORKSHOP. All Rights Reserved.